2013年09月18日

ロンドン大教授が「盗作」と謝罪要求


九州国立博物館スニーカー(福岡県太宰府市)で7月から開スニーカー レディース催中の展覧会「視覚革命 異国と出会った江戸絵画」について、ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院のタイモン・スクリーチ教授が「展覧会のタイトルなどが自分の著書からの盗作だ」として博物館に謝罪スニーカー 通販を申し入れていることが分かった。博物館側は盗作の疑いを否定している。【朴鐘珠、ロンドン小倉孝保】



 教授は博物館への抗議の中で、1998年に出版した自分の学術著書「大江戸視覚革命」(作品社)を挙げ、「江戸視覚革命」という表現は外国文化が江戸絵画に与えた影響を表現する言葉としてユニークで、この書名は自分の知的財産であると認識している、と主張。これが権利の所有者(スクリーチ教授)の許可なく使用されているとして、博物館に謝罪や展覧会図録の変更を要求している。


 スクリーチ教授によると、博物館側は教授とのメールでのやり取りの中で「視覚革命との表現は日本では70年代にはスニーカーすでに本の題名に使われており盗作には当たらない」と反論。その根拠として2冊の本を挙げたが、どちらも江戸絵画とは関連がないため、スクリーチ教授はスニーカー レディース「江戸絵画について視覚革命としたのは自分の知的財産だ」スニーカー 通販と主張している。


 博物館は盗作の疑いを否定する一方、在ロンドン日本大使館を通じ10日にスクリーチ教授へ展覧会の関連図書として会場で教授の著書靴 通販を紹介する措置をとったことなどを説明し、理解を求めた。これに対し教授は11日、納得できないとの考えを博物館側に伝えた。


 教授は「自分の研究成果が使われることはむしろ誇りだが、私に何の連絡もないまま使用されたことは研究者として看過できない」と話している。毎日新聞は博物館へ見解を問う文書を8月20日に送付し再三、回答を求めたが9月16日現在、受け取っていない。


 この展覧会は7月17日~9月23日、同博物館と神戸市立博物館の主催で開かれている。


posted by スニーカー at 12:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

英政府がロイズ株売却を開始

[ロンドン 17日 ロイター] - 英国政府スニーカーは、一部国有化されたロイズ・バンキスニーカー レディースング・グループ<LLOY.L>の株式6%を売却した。売却額は32億ポンド(51億ドル)。政府保有株を管 理スニーカー 通販しているUKフィナンシャル・インベストメンツ(UKFI)が17日に明らかにした。



売却価格は1株当たり75ペンスで、16日終値よりも3%ディスカウントされた水準。政府が買い入れた際の平均価格73.6ペンスは上回る。



売却に伴い、政府の持ち株比率は38.7%から32.7%に低下。政府は、90日間にわたって追加売却を行わないことで合意している。



英政府は今回の売却について、2008年の金融危機から国内経済が回復する中で重要な節目ととらえている。この間における公的資金の投入額は、ロイズとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS.L>を合わせて660億ポンドに達した。



今回は、UKFIがアクセラレイテッド・ブックビルドを通じ、金融機関に株式を売却した。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、JPモルガン・カザノブ、UBSインベストメント・バンクが共同ブックランナーとなったほか、ラザードがキャピタルアドバイザーを務めた。
posted by スニーカー at 12:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

独法職員が現金受領

失業者が生活費の支給を<strong>スニーカー</strong>受けながら職業<strong>スニーカー レディース</strong>訓練を受講できる国の求<strong>靴</strong>職者支援制度をめぐり、訓練機関を監督する独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」 の職員が、大阪市のNPO法人に抜き打ち検査の日程を漏洩(ろうえい)し、NPO法人側から現金数十万円を受領した疑いのあることが17日、機構への取材 で分かった。この職員は内部調査に事実関係をおおむね認めているといい、機構<strong>スニーカー 通販</strong>は懲戒解雇処分とした。<br>

<br>

 
機構によると、解雇されたのは同機構大阪職業訓練支援センター(大阪府摂津市)の60代の男性嘱託職員。支援制度の受託事業者が適切に訓練を行っているか、検査する役割だった。<br>

<br>

 
職員は平成23年ごろから大阪市北区のNPO法人「全国8080(ハレバレ)運動推進協議会」(清水大輔理事長)に検査の予定日を伝え、そのたびに謝礼として数万円程度を受け取っていた疑いがあるという。<br>

<br>

 
一方、同法人は検査当日、受講者を装った人を教室に座らせて数合わせを行い、訓練が適切に実施されているかのように偽装していた疑いがあり、厚生労働省は13日付で補助金の返還命令を出した。刑事告訴も検討している。<br>

<br>

 
同法人をめぐっては訓練の受講者数を水増しして、人数に応じて支払われる国の補助金を不正受給していた疑惑が8月に発覚。厚労省や機構が内部調査を進めていた。<br>

<br>

 
求職者支援制度は雇用保険を受けられない求職者などに対し、国が認定した民間機関による職業訓練を提供し、合わせて月10万円の生活費を支給する仕組み。民間機関にも受講者数や就職実績に応じて訓練費用が支払われる。
posted by スニーカー at 12:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。